有益な求人情報の探し方

正看護師と准看護師の違いって何?


後悔のない転職をするためには有益な求人情報が集まるところを知ることが大切です。

正看護師と准看護師の違いとは?

看護師には正看護師と准看護師という二つの資格があります。では、正看護師と准看護師の違いはとは何でしょうか。

正看護師と准看護師は資格が全く違うものになりますので学校に通う年数も違っています。准看護師は2年間、正看護師は3年間学校に通う必要があります。資格取得の試験も異なり、准看護師は都道府県が主催する検定試験ですが正看護師は国家試験となり、内容も正看護師のほうが難しくなっています。

しかし、近年では准看護師の需要も少なり今後廃止になる可能性があるようです。また、准看護師の方でも働きながら勉強をして正看護師を目指す人も多いようです。

仕事内容の違いとしては、働く環境によっては正看護師と同じ内容の業務をするところもあるようですが、准看護師のできる業務は正看護師よりも限られてしまっています。緊急時以外はオペ室には入れなかったり、主任など責任のあるポジションにつくことができない職場が多いようです。

先ほども記載したように現在は准看護師を雇用するところが少なくなってしまっていて、大型の病院では准看護師の採用はほとんどなくなってきているということです。

個人病院や診療所などではまだ採用してくれるところもあるようですが、准看護師と正看護師ではお給料の違いがある病院もあり、正看護師と同じ内容の業務をしていても准看護師の資格しかないということでお給料が数万円低いこともあります。

准看護師のほうが学校に通う年数が少ないので学費は准看護師の学校のほうが安くなるのですが、その後働くときに正看護師のほうが給料がいいということを考えると、学費が高くても正看護師の資格を取得してしまう方がいい面もあるかもしれません。

正看護師の資格があれば助産師の資格を取ることもできます。看護の世界で長く働いていきたいと考えているのであれば、正看護師の資格を持っていた方がなにかと有利になるかもしれません。転職をするときも正看護師のほうが仕事が見つかりやすくなりますよ。

↑ PAGE TOP