有益な求人情報の探し方

看護師を取り巻く職場環境


後悔のない転職をするためには有益な求人情報が集まるところを知ることが大切です。

看護師の転職:透析看護師の仕事

腎臓は、血液に老廃物が溜まらないようにしたり、利用作用を促し体内の水分調整をするなど生命維持に大切な臓器です。 腎臓の働きが低下すると、生命に危機を及ぼします。腎不全になると、腎臓機能が正常に働かなくなり、尿毒症になる危険性がありますので、透析の治療が必要となってきます。

透析クリニックは全国にあり、多くの方が透析クリニックに通い透析の治療を受けています。 最新機器を導入している透析クリニックも多く、中には入院に対応できる医療機関もあります。 透析治療の他に、日常生活のサポートも行なっているクリニックもあり、今後需要が高まってくると言えるでしょう。

透析クリニックの看護師に必要なのは、看護師としての一般的なスキルは勿論のこと、透析の知識が求められます。 透析は、専用機器を使用しますので、その機器を使えなければ意味がありません。 専門的知識が求められますので、透析に関する経験と知識がない看護師の場合、採用が難しいかもしれません。

只、医療機関によっては、透析に関する教育制度が整っているところもあります。 透析の経験がない看護師の方は、このような学習する機会を得られる医療機関を選択したほうが無難でしょう。

透析をしている患者さんは、定期的な通院が必要で、透析に要する時間も長時間にわたります。 日常生活でも摂取可能な水分量など、それは細かい制限があります。 ですから、大変な通院治療と決まりごとの多い日常生活に、精神的にも疲れてきます。

心身ともに大変な病気と闘っているのです。 そんな患者さんの気持ちを和らげてあげ、支えてあげるのも透析クリニックの看護師の大切な仕事です。

前述したとおり、透析クリニックの看護師には専門的知識が必要とされるため、求人募集も多いとはいえません。 最近では、ネット上にホームページを開設しているクリニックもあり、採用情報が記載されていることもありますので、こまめにチェックしてみるといいかもしれませんね。

又、ネット上には看護師専門の転職サイトがありますので、こちらをご利用されてみるのもいいでしょう。 転職サイトでは一般公開されていない非公開求人も扱っていますので、透析クリニックに関する求人情報も掴める確率が高いでしょう。 透析クリニックの看護師求人状況を一度、確認されてみてはいかがでしょうか。


男性看護師の必要性とは

2001年に「保健婦助産婦看護婦法」が「保健師助産師看護師法」に改定されたことにより、2002年3月から男女ともに「看護師」という名称に統一されました。 それまで病院では看護婦さんと呼ばれ、女性だけの職業でしたが、男性の看護師も徐々に増え始めています。

最近の看護学生は、入学者の全体の10%以上が男性で、今後さらに増加傾向にあるといいます。 男性看護師のニーズはどんどん増えてきています。 たとえば男性看護師の配属が多い職場としては、オペ室、救命救急、透析室、精神科などです。

やはり、患者のベッドへの移動や、長時間のオペなど力仕事、体力勝負といったところで男性の看護師さんの活躍の場は多くなっています。 また近年、精神疾患がより身近になってきました。

たとえば、パニック障害やうつ病などは、誰がかかってもおかしくない病気です。 また、高齢者の増加に伴った認知症患者も増加しており、今まで精神科を置いてなかった総合病院も、そのニーズから新たに開設し、精神科の看護師の求人も多くなってきました。

総合病院だけでなく、精神病を専門にする病院でも精神科の看護師の求人・募集には、男性の看護師を募集しているところも多くみられます。 ほとんどの診療科が女性の看護師が多い中、精神科では男性看護師の求人ニーズが高くなっています。

これは、精神科には時に力が必要だからで、ごくまれに幻覚や幻聴などによって暴れる患者もいます。 薬の影響や精神的なパニック、妄想などで暴れるのですが、患者自身も傷付くことになり、さらに周囲にいる患者にも危害が及ぶ恐れがあります。 そのような時に、やはり力のある男性看護師がいるだけでも違ってきます。

病院内の安全のためにも、男性看護師は必要で、その数もだんだん増えてきています。 こうした力仕事の面だけでなく、男性と女性とではものの見方も違ってきますから、違った角度からの意見交換は業務改善に役立つでしょうし、患者さんも男性・女性がいるので、男性看護師を望む人もいます。

↑ PAGE TOP